LOOP ONE DAY

自分自身のあるべき姿を探し求める旅へ。 Author by pgkuroneru

スパイ教室01(コミック)を読んだ

本サイトではアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

「スパイ教室」が気になっている。
きっかけは「主人公のリリィちゃんが可愛い」という理由からであった。何となく一目惚れ。

実は、小説版は少し前に購入していたものの、積読状態で、なかなか読み進められず、という状態に。
丁度、アニメ放送も始まり、どういう作品なのかざっくり知っておきたく、コミック版を購入した。

今回は、何となく BOOK☆WALKERで。KADOKAWA系書籍だし、BOOK☆WALKERの使い心地に興味があった。
スパイ教室01 - マンガ(漫画) せうかなめ/竹町/トマリ(MFコミックス アライブシリーズ):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -

マンガなので、そこまで時間かからず読み切ったのですが、マンガの1巻を読んだ感想としては、「自身が好きな感じの作品」という感じ。

何というか、「主人公が成長する」っていったら、「大体の作品そうじゃないか」ってなりそうですが、「自己啓発」というか、自分が感情移入が出来て、かつ、自身の気持ちが揺さぶられるような作品というのでしょうか・・・。
上手く言葉にできませんが、「色づく世界の明日から」や「グリザイア:ファントムトリガー」、「Tokyo 7th シスターズ」「放課後のプレアデス」のような作品が好きです。

そう思ったのは、以下のフレーズの箇所から。

変わらなくちゃ

出典: スパイ教室01 [14ページ] より

リリィの回想シーン1コマ。養成学校でのダメな自分を想像しているところ。
でも、そんな過去は置いて、過酷なミッションに飛び込んでいこうとする姿。

意外とおっとりしているように見えるのですが、芯はしっかりしているのかもしれません。

きっと自分こそが輝ける役割がある

出典: スパイ教室01 [147ページ] より

今回の話の中で特に気になったのが、「サラ」ちゃん。

マンガの中では、この子の詳しいバックグラウンドは分からなかったものの、「自分に自信を持てない」タイプだと感じている。
クラウス先生も述べていますが、人には得意不得意がある。
自分の得意な事は、中々分からないかもしれませんが、些細な事でも、もっと自信を持って良いのかもしれない。
きっと どこかに、「自分が輝ける場所・分野」があるんでしょうね・・・。
この子にとっての「得意な事」は、恐らく、152ページでクラウス先生が触れていた事かと思いますが。

私も、よく悩む事があるので、この子の気持ちはよく分かるな・・・。 未だに答えは出ていないですけど。

自分語りは一旦置いて、小説版とアニメ展開がとても楽しみです。
オンラインくじも結構ポチってて、S賞も当たっているので、大満足・・・なのですが、まだ、肝心のリリィちゃんグッズが当たってないです・・・(笑)

kujibikido.com

書籍情報

広告