LOOP ONE DAY

自分自身のあるべき姿を探し求める旅へ。 Author by pgkuroneru

もし「1億円あったら」私はこう使うと思う

本サイトではアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

はてなブログのお題で、少し前から、気になっているものがありました。

お題「1億円あったらどう使う?」 である。

「1億円」。とても夢のある金額・・・。今の私だと、絶対に手が届かない金額ですね。

でも宝くじ等を買っていて、(かなり可能性は低いものの)当たる事があるかも、として考えると、意外とゼロでは無い可能性のある金額だったりします。

私は「1億円」をこう使うと思う

まず、仕事は辞めないと思います。自分が想像している以上に、あっという間に消えてしまうと思うんですよね・・・。まあ、もし急に宝くじで高額当選したときは、多分 確実に舞い上がってしまうと思うので、その時は人生の中で一番くらいには冷静にならないと、いけないですね。

家を買う

どういう相場の家を求めるかにもよると思いますが、多分 「1億円」の大半は、ここに消えると思います。

とはいえ、住んだ後にも、修繕費等のお金はかかってくるので、その部分も考慮して買わないと行けないですよね・・・。

投資

ある程度は、投資に回す必要はあると思っています。様々なものが値上がりしている今、その重要性は個人的に高くなっている気がします。

つみたてNISAを始めた中、「コロナ禍」に直面し、「投資のリスク」というものにも初めて直面しましたが(積立額よりマイナスになりました)、それでも続ける、というのは大事なのだなということを学びました。

ただ、投資に全掛けするのではなく、ある一定額程度は、現金資産としても持っておくと思います。

寄付

具体的なところについては、今のところ考えられてはいない・・・のですが、少し思い当たるところはあります。

「横浜こどもホスピス」というところに、少額ながらではありますが、寄付をしています。

その理由としては、「Narcissu(ナルキッソス)」という作品に影響を受けたこと。

store.steampowered.com

store.steampowered.com

病院に併設しない「こどもホスピス」は、日本ではまだ珍しい施設で、大阪の「TSURUMI こどもホスピス」に続き、この「横浜こどもホスピス」が全国で2例目です。

www3.nhk.or.jp

作品をプレイした後に、「ホスピス」について調べたことがあり、「私にも何か出来ることは無いだろうか。」と思い、寄付を行なうに至りました。

宝くじなどで高額当選したときは、どこかしらに寄付をすることも考えている内の1つです。